« 【2005】4月2日の夕ご飯 | トップページ | 【2005】4月4日の夕ご飯:ぢどり料理鶏(函館) »

2005.04.03

【2005】4月3日の夕ご飯:蕪とベーコンのスープカレー

4月3日の夕ご飯:蕪とベーコンのスープカレー「蕪とベーコンのスープカレー」
「蕪とニンジンの浅漬け」
「ご飯」

 先日買い物に行った時にカレーコーナーにスープカリーの匠シリーズがずらずら~と並んでいるのを見つけました。CMもバンバン入っていたので、気にはなっていたのですが、レトルトとインスタントしかないと思っていたので、どうかな~(家で食べるのにはコストパフォーマンスが高過ぎ)と二の足を踏んでいたのですが、クッキング用のルータイプもあると知って、試しに2種類あった両方とも買ってきました。値段は298円と、カレールーとしてはちょっとお高いですね(汗)
 この間買ったソラチの素より高いかも。
 でも、このスープカレーシリーズを監修したらっきょのスープカレーの市販されているレトルトを買おうとすると、一人分でもこの倍以上の値段なので、それを考えるとお得ではあります。
 で、今日使ったのは、2種類のうちのの芳醇辛口タイプ。「さわやかなスパイスの香り」というキャッチコピーが書かれています。
 パッケージ裏面の作り方は、やはり定番の鶏肉を使ったスープカレーでしたが、今日はちょっと趣向を変えてみました。
 この間買ってきたブロックベーコンの残りと送ってもらった蕪をメインにしたスープカレーです。残りの具は、じゃがいも、にんじん、スティックセニョール、温泉卵です。
 スープカレーをちゃんと作ろうと思ったら、かなり大変だと思うのですが、こういう素があると楽にできていいですね(^^)
 具に火が通るまで煮込んだ後、特製濃縮スープを入れてひと煮立ちさせた後、器に香りスパイスオイルを入れて、出来上がったスープカレーを注ぐだけでできてしまいます。好みで辛味スパイスを入れるように、とありますが、辛いものが苦手なσ(^^;)は入れずにそのまま食べました。この辛味スパイスを一袋全部入れて食べたら、とっても辛かったそうです。辛いのが好きな人が言うからには、よほど辛かったのでしょう(^^;)
 それを差し引いても、お手軽にスープカレーが家で食べられるのは嬉しいことです。こういうのがあるのなら、鍋物の季節が終わったら、週イチスープカレーシリーズもいいかもしれない(笑)
 蕪とニンジンが余ったので、箸休めに浅漬けを作りました。辛味抑えにはちょうどよかったです。
 ご飯は、本場風に海苔も添えてみました^m^

スープカリーの匠 芳醇辛口


ハウス食品

|

« 【2005】4月2日の夕ご飯 | トップページ | 【2005】4月4日の夕ご飯:ぢどり料理鶏(函館) »

1.cooking」カテゴリの記事

☆スープカレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42208/3552647

この記事へのトラックバック一覧です: 【2005】4月3日の夕ご飯:蕪とベーコンのスープカレー:

« 【2005】4月2日の夕ご飯 | トップページ | 【2005】4月4日の夕ご飯:ぢどり料理鶏(函館) »