« 【2006】7月1日の夕ご飯 | トップページ | 【2006】7月2日のデザート:SCORE(函館) »

2006.07.02

【2006】7月2日の夕ご飯

7月2日の夕ご飯「牛すじキムチ丼」
「絹揚げ」
「キュウリ」
「みそ汁(油揚げ・ワカメ・豆腐)」

 牛すじWEEK再開。
 意外とヘルシーな今日の食卓。

 ということで、本当は昨日作ろうと思っていたメニュー、1日遅れで作りました。
 牛すじは、毎日火を入れて煮込んでたので、もうトロトロです。

 何年も前の話ですが、冷凍食品でたまたま「牛すじめし」というのを手に入れて、かなりウマイ!と気に入って冷凍庫にしばらくの間常備していたのに、いつの間にか店頭から消えてしまって残念に思っていたことがあります。

 「牛すじめし」は、牛すじとコンニャクの煮込んだものを細かく切って、ご飯と混ぜてあるというメニューは関西の方のものらしいです。牛すじの歯応えと甘辛い味つけとご飯がとってもよく合っていました。当時「そばめし」も流行っていたけれど、わたしはこっちの方がおいしいと思ったのに、そばめしは今も見かけるのに、こっちはあれ以来とんと見かけることがありません。また食べたかったのに全然見かけることがないので、いつか自分で作ってみようかなぁと思っていました。

 だけど、そもそも牛すじってどうやって料理していいのか、その当時は分からず、自分に出来る料理じゃないなと思っていたので、そのままになっていました。
 今回結構な量の牛すじを作ったので、トライする?と思いつつ、煮込み過ぎて歯応えは全然なくなってしまっていたので、今回は断念。
 先日のキムチの残りもあるし、牛すじキムチチャーハンを作ろうかと思っていたのですが、こちらはまたの機会ということで先送りです。

 で、今日は、牛すじとコンニャクの煮込みにキムチを足して、少し煮込んだものを卵でとじて丼ものにしてみました。
 昨日少し牛すじ煮込みを使ってしまったので、牛細切れを入れて、肉は少し増量しました。
 彩りが寂しいので、冷蔵庫にあった水菜を後から入れてみました。
 卵でとじなくてもいいかなぁとも思ったのですが、キムチを入れていたり、元々の牛すじに込みの味付けがピリ辛だったので、辛味を抑えたいと思い、卵とじにしました。

 サイドメニューには、絹揚げをそのまま。コレ、東北ではフツーにスーパーで売っているものだと思うのですが、函館にいた時はほとんど見かけなかったので、嬉しくてつい。
 温めて食べてもいいし、冷たいまま食べてもいいし、独身時代はよくご飯のおかずにしてました、コレ。大根がなかったので、そのまま食べましたが、大根おろしと一緒に食べるとおいしいんですよ。
 これじゃあ、野菜か足りないな、とキュウリも。
 何だかんだ言って、結局量はかなり多くなってしまいました(汗)

 全くの偶然ですが、去年の同じ日にも、全く同じ食べ方でキュウリ食べてました。
 せっかく2年を迎えるので、昨日から、別の年の同じ日に何を食べたかを見てみたら、すごい偶然で見た瞬間つい笑ってしまいました。
 メニュー登場頻度の高いカレーなんかだと、同じ日に食べてることが多いのですが、これには我ながらびっくり。

|

« 【2006】7月1日の夕ご飯 | トップページ | 【2006】7月2日のデザート:SCORE(函館) »

1.cooking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42208/10770412

この記事へのトラックバック一覧です: 【2006】7月2日の夕ご飯:

« 【2006】7月1日の夕ご飯 | トップページ | 【2006】7月2日のデザート:SCORE(函館) »