« 【2006】7月27日のソフトクリーム:ほたて広場(平内):2006-14 | トップページ | 【2006】7月27日の夕ご飯 :ホテルニュー下風呂(下風呂温泉) »

2006.07.27

【2006】7月27日の昼ご飯:松浦食堂(野辺地)

7月27日の昼ご飯~松浦食堂(野辺地)~お食事処 まつうら」の
 ホタテ丼 800円

 お昼は、この辺りの特産のホタテ料理をチョイスしてみました。
 やっぱり野辺地と言ったら、ホタテでしょう!
 見た目は、親子丼みたいですが、ホタテの卵とじの丼です。

 初めてホタテの卵とじタイプの丼モノを食べたのは、今からもう5年位前のことです。
 横浜に菜の花を見に行って、その足で寄った横浜の道の駅で、ホタテ丼を頼んだら、卵とじが来てびっくりしつつ、食べたらおいしかったという新鮮な出会いでした(笑)

 店内に貼ってあるものか何かに書いてあったのですが、帆立を卵とじの親子丼風にしたホタテ丼を始めたのはココのお店が最初?らしいです。ホタテを卵とじにしようなんてどうして思いついたんでしょうね~(笑)
 わたしは、生で食べた方が甘くておいしいと思うんですが、卵とじもこれはこれでアリかなと思います。火を通すと、歯応えも出るし、旨みもぎゅっとなると言いますか、また違ったおいしさがありますね。

 ここのは、少しホタテは小さめ。道の駅で食べたホタテ丼の方がホタテが大きかったかなぁ。
 ホタテってどうも夏が旬というイメージがないので、もしかしたら季節によって大きさって変わってしまうのかもしれないのですが。。。

 家族は、かぶらないようにホタテフライ定食(1200円)を頼んでいました。定食だけあってなかなかボリュームがありました。
 このお店の売りのメニューには「茶粥」というのがあるみたいですが、こちらは要予約でした。

 茶粥というのは、この辺りの郷土料理みたいです。プラスで「けいらん」というこれまた郷土料理も食べられるみたいですが、こちらも要予約。茶粥定食は1500円とのこと。
 むか~し、住んでいた土地で、「お茶ご飯炊いたから、おすそ分け」と頂きものをしたことがあって、「へ~、お茶で炊いたご飯か~珍しいな~」と食べてみたら、普通の炊き込みご飯だった(そこでは炊き込みご飯を「お茶ご飯」と呼んでいたらしい)ということがありましたが、説明書きなどを見ると、こちらの「茶粥」はちゃんと薬草のカワラケツメイを原料にしたお茶で炊くみたいです。なんだかすごく体に良さそうなメニューという感じ<茶粥

 店名は、「松浦食堂」なのか「お食事処まつうら」なのかは不明なので、両方書いておきます・・・(笑)
 外の看板は、「松浦食堂」になっているのだけど、店内のメニューには「お食事処まつうら」と書いてあるし^^;
 箸袋も「松浦食堂」なので、多数決で「松浦食堂」が正しいのかしら(笑)

 駐車場が店の奥にあるのですが、道路から入っていくところの間口が狭くて、なかなか最初はドキドキするかもしれません。車1台分ぐらいしか通れません^^;
 下記の店外観の写真の一番右の辺りにちょっと写っていますが、建物の中を通り抜けて行くので、大きい車(ワゴン車とか)だと結構すれすれになっちゃうんじゃないかなぁと思います。
 行かれる方はお気をつけくださいませ。

松浦食堂(野辺地)


松浦食堂(まつうらしょくどう)
青森県上北郡野辺地町字上小中野39-7
TEL.0175―64―3004
営業時間/10:00~19:30
定休日/日曜日
駐車場/10台

|

« 【2006】7月27日のソフトクリーム:ほたて広場(平内):2006-14 | トップページ | 【2006】7月27日の夕ご飯 :ホテルニュー下風呂(下風呂温泉) »

2.eat in」カテゴリの記事

◆旅行」カテゴリの記事

◆3.青森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42208/11115360

この記事へのトラックバック一覧です: 【2006】7月27日の昼ご飯:松浦食堂(野辺地):

« 【2006】7月27日のソフトクリーム:ほたて広場(平内):2006-14 | トップページ | 【2006】7月27日の夕ご飯 :ホテルニュー下風呂(下風呂温泉) »