« 【2006】11月22日のデザート:六花亭(北海道) | トップページ | 【2006】11月24日の夕ご飯 »

2006.11.23

【2006】11月23日の夕ご飯

11月23日の夕ご飯「焼き魚(明太サンマ)」
「キンピラ」
「ご飯」
「みそ汁(大根・大根葉・豆腐・油揚げ)」

 今日もちょっと手抜き(汗)
 函館でカロリー摂り過ぎだったので、抑え目に和食系で。
 そして、今日もニンジン(笑)
 今日は、コンニャクとニンジンのキンピラです。

 すっかりハマってしまった明太サンマ。
 またまたの登場です(笑)
 腸を取ったところに明太子が入っていて、ピリッとした辛さがとてもご飯と合います。
 函館にいた時に似たような加工品で、「いわし明太」というのもありましたが、あれもおいしかったな~。残念ながらこちらではまだ見かけていません。

 イワシとかサンマは青森では太平洋側で獲れる魚というイメージがあります。
 日本海側だと何だろう? ハタハタとかイカ?(その割にイカの鮮度はイマイチ)
 青森に来てからよく見かける魚って何だろう?

 最近なら、鱈はよく見かけますね。
 そういえば、鱈の白子って青森でも呼び名が違うらしいです。
 わたしは秋田育ちなので、鱈の白子と言えば、「だだみ」と呼ぶと思っていたのですが、これは方言みたいなものだと知ったのは秋田を離れて岩手に住んだ時でした(でも、岩手でも通じるとこもあったけど)。
 函館では、「たち」って言うのが一般的のようで、最初はそれに驚きました。
 鱈の白子を湯通ししてポン酢で食べる「たちぽん」という食べ方があると知って、今年のお正月メニュにも登場させました。
 青森では「鱈の白子」のことを「鱈きく(鱈菊)」と書いてあることが多いです。確かに「菊の花」に見えなくもないですよね。
 魚に関しては、本当に地域によって呼び名が違うことが多くて、引っ越すたびに「へ~」「ふ~ん」と思うことが多いです。

|

« 【2006】11月22日のデザート:六花亭(北海道) | トップページ | 【2006】11月24日の夕ご飯 »

1.cooking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42208/12914160

この記事へのトラックバック一覧です: 【2006】11月23日の夕ご飯:

« 【2006】11月22日のデザート:六花亭(北海道) | トップページ | 【2006】11月24日の夕ご飯 »