« 【2006】12月2日の夕ご飯 | トップページ | 【2006】12月4日の夕ご飯 »

2006.12.02

【2006】12月2日のデザート:パティスリータカハシ(弘前)

パティスリータカハシ」の
フレーズ(右)
アーモンド(左)
12月2日のデザート12月2日のデザート


 ケーキを食べなくちゃいけない日だったので、弘前でお気に入りのケーキ屋さんで購入しました♪
 やっぱりおいしい!!!
 クリスマスケーキはここのに決定・・・か?!

 今のところこの「パティスリータカハシ」のケーキが弘前では一番お気に入りです。
 前回は秋だったので、季節らしい栗のケーキを選びましたが、今日は食べたいものをチョイス。
 右の「フレーズ」は、イチゴが2個も載っている王道ショートケーキ!
 四角に切ってあるって言うのがちょっと珍しいけれど、スポンジもクリームも好みの甘さで大正解!
 左の「アーモンド」は、ほのかにアーモンドの香りがしつつ、大好きなチョコレートのスポンジでこれまた合います。
 やっぱりここのケーキ、好きだなぁ。

 正直、弘前に来てから何軒かのケーキ屋さんのケーキを食べてきましたが、結構みんな「甘い」んですよ。
 甘い・・・というか、あま~いって感じ。砂糖入れ過ぎじゃない?とワタシは思う訳で^^;
 地域性なのかもしれませんが、全体的に弘前のお菓子は素材の甘さよりも砂糖の甘さが・・・というところが少なくないようにわたしは感じています。
 有名店と言われるフレンチ系のパティスリー部門のお店は、わたしには甘過ぎてちょっと・・・という感じです。
 今までいくつか食べたフルーツを使ったケーキは、フルーツ本来の甘さはそんなに生きていないかなぁという感じがしました。もう少し砂糖減らしてくれ~と思います^^;
 せっかく林檎やぶどうなどフルーツが採れる土地にあって、そのことは残念に思います(県外出身だからそう思うのかもしれませんが)。

 お菓子に砂糖をたくさん使うのには、土地柄とかその土地の食習慣における歴史的経緯というものがあって、そういう中で子供の時から慣れ親しんでいる人にはそれが普通という場合もありますから、甘さというのは地域特性がよく出るものなのかもしれません。
 そんな甘々メインな中でも、ちゃんと素材の甘さを生かしているな~(砂糖を入れ過ぎていない)と思って気に入っているのは、「パティスリータカハシ」とこのブログにも何回か登場している「P-factory」でしょうか。
 後、ケーキ屋さんじゃないけれど、「シェ・モア」のアップルパイもおいしいです。


PATISSERIE Takahashi(パティスリータカハシ)
青森県弘前市下白銀町17-11
TEL.0172-34-1733
営業時間/9:00~19:30
定休日/不明
駐車場/あり(店の前2台分くらい)

|

« 【2006】12月2日の夕ご飯 | トップページ | 【2006】12月4日の夕ご飯 »

3.sweets」カテゴリの記事

◆3.青森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42208/12939018

この記事へのトラックバック一覧です: 【2006】12月2日のデザート:パティスリータカハシ(弘前):

« 【2006】12月2日の夕ご飯 | トップページ | 【2006】12月4日の夕ご飯 »